45歳になりました

45歳になりました。

立派な中年、立派なおっさんの出来上がりです。

実感としては脇腹の肉が落ちなくなってきたこと、白髪が増えたこと、若い人と自分との年齢的な違いをより明確に意識するようになったことだろうか。

要するに、自分は「若い人ではない」とより意識するようになったということである。

さすがにもう誕生日が嬉しい歳でもないが、おかげ様で今が一番幸せだと思って生きている、生きられているのでそれで充分だと思う。

そう思えていれば年齢がいくつであろうと、勝ちも負けもない。

ついつい「歳をとる=何かを失う」とネガティブに考えがちだが、社会情勢は置いておいて一般的には歳をとるほど幸福感は増すと言われているし、実際自分自身の幸福感や満足感も増していると感じる。

紛れもなくそれは家族のおかげであって、改めて家族の存在に感謝したい。

それなりではあるが経験や知識を積むことで漠然とした期待や不安に動じることもなく、良くも悪くも現状や自分自身を受け入れられるようになってきた。

正確に言えば受け入れるしかないが、幸いなことにそれなりに現状に満足している。

時代は変化し続けるのとは逆に、否応なく自己は確立し続ける。

極力そのギャップを埋める努力を怠らず、おっさんとして堂々と、時には遠慮し、これからも家族のために生きていく所存です。

あと問題は健康かな(-_-;)

タイトルとURLをコピーしました