2つの有名な相場格言について

以前、月に2回くらいは投資について書きたいと記事にしたので、恥を忍んで書いてみよう。

2つの有名な相場格言について。

・「頭と尻尾はくれてやれ」

⇒くれてやるのは構わないが、そもそもその魚が「アジ」なのか「タチウオ」なのか解らない。

実際コロナショック時には分散購入したが、それでも限りなく頭に近いところを食べた。

・「落ちてくるナイフはつかむな」

⇒そりゃそうだ。誰もそんな物つかみたくない。

実際コロナショック時にはつかみまくった。血だらけである。

詳しい方々、次の暴落時にはどうか「アジ」なのか「タチウオ」なのか教えて下さい。

私と同じような方々、気にせず頑張りましょう!

⇒いないか(-_-)zzz

タイトルとURLをコピーしました