胃腸炎とクリスマス

先週の初めに次女が保育園で急性胃腸炎をもらいその後妻に感染、次に私、長女、長男と次々に家族で感染(-_-;)

どうやら全国的に胃腸炎が流行しているらしい。

水曜日は私と長女、長男で会社と学校を休み、朝から病院へ行って薬をもらってきた。

症状はそれほど酷くはなかったが、私の場合は微熱、悪寒、倦怠感があった(-_-;)

金曜日にはやっとビールが飲めるくらいに回復したが、若干まだ喉が痛い。

胃腸炎恐るべし。

そして金曜日の夜にはプレゼントを準備し、翌朝リビングへ降りてプレゼントを確認した子ども達は大喜び。

ツイッターで「クリスマスは子どもだけの楽しいイベントでなく、プレゼントを準備する親の方も楽しい」みたいな内容のツイートがあったが、確かにその通りだと思う。

考えてみると、サンタさんの存在を信じさせながら子どもに喜んでもらおうといろいろ準備している自分が一番楽しんでいる気がする。

ちなみに私は小学校2年生くらいのクリスマスプレゼントが掛け算の勉強道具だったことで、すぐに母親の仕業であることを確信した(-_-;)

今でもその時のことは鮮明に覚えている。

そんな自分の経験からも、子ども達にはなるべく長い間サンタさんを信じさせてあげたいと思っている。

まぁいろいろ大変な1週間だったが、土曜日の夜には無事にクリスマスパーティーをすることが出来たので良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました