日記ブログを始めて1年

昨日は長男が熱を出したり何かと最近は忙しくブログ更新をサボっていたが、気付けばこの日記ブログを始めて1年が経過した。

ブログと言うのもおこがましい勝手気ままなこの日記ブログだが、たった1年とはいえ飽き性な自分が続けることが出来たのは物好きな読者さんのおかげです。

それに毎日頑張って書くことよりも、気分が乗らない日は書かない、という自分に都合のいいことを大切にしてきたのも続けられた理由の一つだろう。

休み休みであるがある程度習慣化もしている。

「日記」という意味ではただ1年経ったということでしかないが、「文章を書く」という意味においては、こんな程度の文章とはいえ自分の思い描いていることを文章化することに少しは慣れてきたと思っている。

一方で自分が体験したことや、例えば食べた物の「感想」を表現するのが苦手で敬遠しがちなことに日記ブログとしていかがなものかと思うことがあるので、今後は少しずつでも書き残すようにしていきたい。

ブログにしろTwitterにしろ、いい歳してわざわざ自分の恥を晒すことへの疑問や、何か主義・主張や有益な情報がある訳でもなく、日記帳にでも書けばいいと思うことがよくある。

家族や自分の備忘録とはいえ、面倒なことを始めたものだと思うことさえある。

続ける限りこの葛藤が消えることがないことは分っているが、あえてそこから逃げずにやってみようという自分がいる。

自分自身を騙し騙ししながら、自分のペースで、もう少し続けてみようと思う。

タイトルとURLをコピーしました