初の県内旅行に行ってきた(初日)

金曜日から1泊で県内旅行に行ってきた。

まさか埼玉県内で泊まりの旅行をするとは思ってもいなかったが、まぁこれもいい機会ということで。

洗車する機会を逃してしまい、当日は5時に起きて朝一でスタンドで洗車。

8時出発予定だったが、何だかんだで9時出発。

向かった先は本日の宿泊先である「休暇村奥武蔵」。

休暇村というと各自治体で運営され「古くて安く泊まるだけ」という勝手にあまり良くないイメージを持っていたが、調べてみると一般財団法人休暇村協会という財団法人が全国に37の施設を運営する保養施設ということらしい。

しかし、今回泊まる奥武蔵はレストランや大浴場の一部がリニューアルされ、2018年7月には新館がオープということでここを選び、部屋も新館を予約。

また、宿のすぐ近くを流れる清流 高麗川(こまがわ)で川遊びや、子ども用プールもあり1日遊ぶことが出来る施設というのもここを選んだ理由の一つ。小さい子どもが3人いるうちにとってはありがたい。なので自宅を出発してそのまま宿へ直行することに。

途中コンビニでお昼のおにぎりやサンドイッチを買い、10時40到着。

意外と近かった。行きは妻が運転。

到着後はフロントを確認してさっそく川遊び!

曇っていたが確かに水は綺麗だった。

子ども達は初めての川遊び。長男は怖かったのか最初泣いていた。

次女はベビーカーでスヤスヤ。

平日ということもあり人は少なかった。

少し遊ぶと、長女が「プールがいい」と言うので子ども用プールへ。

うまい具合にここは貸切、それに少し晴れてきた。

2人共大はしゃぎで泳いでいた。

プールから上がり宿のフロント横で売っていたかき氷を食べ、先にチェックインを済ませ、やっと15時になり部屋へ。

部屋は「新館:にしかわ館」1階和洋室・アウトドアリビング付き。

さすがは2018年オープンの新館!

HPで確認していたとはいえ部屋は最高だった!妻も子どもも大興奮!

特にバルコニーが良かった。

失礼だが休暇村でこんな部屋に泊まれるとは思わなかった。

それに新館は地元の「西川材」という木材を使い、館全体に檜のいい香りがした。

私は檜の香りが好きだが、妻はあまり好きではないと言っていた。

部屋に感動した後は先に妻と長女が大浴場へ、その後に私と長男が。

今回の旅行から妻の意向で5歳の長女が男風呂に入ることが禁止になった。

自分にとっては少し悲しい。

今後旅行先で一緒に入るには貸切風呂に入るしかなくなった。

ちなみにこの宿のお風呂は温泉ではなく、温泉好きの自分としてはそこだけは残念だった。

入浴後は少しのんびりして17時半から夕食。

レストランへ。

ビュッフェ形式なのだがコロナ対策のためトングは使用せず、料理は1品1品お皿に盛り付けられてあり、ローストビーフ等はフェイスシールド・手袋をしたスタッフの人が取り分けてくれた。

お寿司の気分だったのでお寿司を中心に食べた。

やはりどうしても食べ過ぎてしまう。

旅行は仕方ないが腹がパンパン!

部屋に戻りお腹が落ち着いたらもう一度お風呂へ、その後は布団でゴロゴロ。

妻と長男がベッド、自分と長女が畳部分に敷いてあった布団で寝ることになった。次女は持参したバウンサーでそのまま寝た。

たくさん遊んで疲れた子ども達は20時半には眠りについた。

子ども達が寝た後、せっかくなので妻とバルコニーでビールでも飲もうと思ったが自分も力尽きて寝てしまった。

残念・・・。

こうして久しぶりの旅行初日は終わった。

タイトルとURLをコピーしました