保育参加してきた

長女が今年卒園とういことで有給を取って保育参加してきた。

朝から長女長男と一緒に登園し、園長先生やすれ違う先生方に挨拶をしながら、さっそく集まってきた子ども達のおかげで結果的にすんなり溶け込むことが出来たが、しっかり者の長女は私のことが心配そうだった。

実際私が顔と名前が一致する子はほんの数名。

朝のホームルームの後、今日は園児全員のロッカー移動の日でそのお手伝い。

荷物が多い子に手を貸したり、衣装ケースのシールを剥がすのを手伝いながら集まってきた子ども達と戯れる。

無事に全員のロッカー移動が終わり、近所の公園へ行くことに。

いろんな子が私と手を繋ぎたがってくれた。

公園は滑り台と鉄棒しかない小さな公園だったが、かくれんぼしたり落ちているビー玉を拾ったりして遊んだ。

1時間くらい公園で遊んだ後、園に戻ってすぐ給食の準備。

勝手が分からない自分に長女やそのお友達がいろいろ教えてくれた。

給食は長女と仲の良いお友達と一緒のテーブルで、子ども達と同じ小さい椅子に座って食べた。

本日のメニューは魚のフライとほうれん草の白和え、ご飯とお味噌汁。

アレルギーで別メニューの子もいた。

その頃には大分緊張も解け、自分も楽しんでいたと思う。

給食の後はお昼寝の布団を敷くのを手伝い、子ども達が持ってくる絵本を読み聞かせた後、お昼寝のない年長さんの似顔絵書や卒園式の歌の練習を見学した。

やはり全体的に女の子達はしっかり先生の言うことを聞いているが、一部のヤンチャな男の子達は落ち着きがなく、暴れたりケンカしている子もいた。

上手く書けないと言っていた長女も何とか似顔絵を完成させた。

私は卒園式に参加出来ないので、この歌の練習が私にとっての卒園式の歌声になった。

それが終わる頃にはお昼寝している子ども達も目を覚まし、長女と長男の近くでおやつを食べ少し遊んだらあっという間に帰りの時間。

お世話になった先生方に挨拶をしていると、1人の先生から「毎日来て欲しい」と言われて気を良くするが、大変な仕事だと思う。

卒園する長女といい思い出が出来たし、子ども達のおかげで楽しい1日だった。

やって良かったと思う。

タイトルとURLをコピーしました