マイホーム1

家探しを始めたは2014年だったと思う。

当時妻と3匹のワンコと築24年の古いマンションの3階に住んでいた。

ペット2匹まで可という物件は多いが、これが3匹になると極端に物件が少なくなり、駅前のアパマンの担当者がペット可の物件に片っ端から電話してやっと見つけてくれたその古いマンションに否応なく住んでいた。

築24年だったので水回り等いろいろ古く、トイレの前の床は踏むと沈んだ。

日当たりも良くはなかった。

ただ隣に住むワンコ3匹を認めてくれた大家さん夫婦はいい人だった。

そんな古いアパートだったせいか、最初からこのアパートの契約更新はしないで家を買いたいという妻の希望があったので、住み始めて1年くらい経った頃から本格的に家探しを開始した。

週末に近くの住宅展示場に行ったりハウスメーカーを訪れ紹介された物件を内覧したり、ネットやポストに投函された物件情報に至るまで、気になった物件は資料請求して実際に足を運んで内覧した。

そして訪問したハウスメーカーのHPに会員登録し、最新情報が出ていないか頻繁にチェックもした。

特に住宅展示場の豪華な注文住宅を見ると夢が膨らんだ。

広くおしゃれなリビングやキッチン、金額はさておき帰りながらお互い好みの家の形や間取りについて話をするは楽しかった。

実際に建てたらいくらするのか分らないような有名メーカーの展示場の建物を内覧する時も、見栄を張ってそれらしく振る舞ったりしていた。

同じように内覧する別の夫婦を少し気にしながら。

妻も私もお互い一戸建て(出来れば注文住宅)を希望していることは何となく分っていたので、それについて話し合うことはなかった。

一戸建て希望だったが、参考になればと思いいくつか新築マンションの展示場も内覧し、帰りにクオカードを貰ったりした。

ある地元の中堅ハウスメーカーに行った時、社長自ら次から次へと強引に自社物件を紹介してきて少し不快な思いをしたこともあった。

「悪いようにはしないからうちの会社で家を建てろ!」

そんな態度だった。

後から担当の営業さんが必死にフォローしてくれ、その営業さんは個人的に気の合う人で心苦しかったが、それ以来その会社に行くことはなかった。

そんなことがありながも、2人でマイホーム購入のために物件を探したり実際に内覧するのは充実して楽しい日々だった。

つづく。

タイトルとURLをコピーしました