お疲れ様でした ちょっと業界の話し

やっと金曜日。

今週は無事に社内会議を終え、ボーナスも例年並みの支給が決まったので少しほっとしている。

このまま年末を迎えたい。

私は某製薬会社で働いている。

製薬会社と聞くと安定している、高収入というイメージを持たれるが実は厳しい現状が続いている。

確かに生命関連製品を扱っているので景気の動向に左右されにくく、安定した需要があるのは事実だが、同時に国内外企業問わず競争も激しく、昔から再編・統合・買収を繰り返している業界なのである。

実際に海外企業含めてM&Aなど日常茶飯事で、グローバル化はどんどん進んでいる。

加えて医療費抑制のため薬価引き下げが続き、企業経営に大きな影響を与えている。

一口に製薬会社といっても先発、後発、バイオ、漢方、OTC等、いろいろ種類があるので大きな説明になるが、競争の激化、薬価の問題等厳しい市場環境の中、各社生き残りを賭けた戦いが続いているのである。

簡単だが製薬業界の現状について少しはご理解いただけただろうか?

当然うちの会社も置かれた状況は同じ。

自分も切られないようにしなくては(-_-;)

今日は長女の保護者会で妻と子ども達の帰りも遅かったので夕食はスーパーのお弁当。

子ども達も寝たのでゆっくりしよう。

タイトルとURLをコピーしました